金融ブラックになってしまう原因とその影響

金融ブラックになってしまう原因とその影響

私は以前様々なギャンブルで借金を作ってしまい、その返済が遅れてしまったため金融ブラックになってしまいました。

Smartツケ払いはもちろん金融ブラックでは無い人も安心して利用できるので、これを読んでいる方は金融ブラックではない方もいると思います。

そこで今回は金融ブラックになる原因となってしまった時はどうなるのかをお話したいと思います。

Smartツケ払いの公式HP

金融ブラックになる主な原因

支払いの延滞

クレジットカードやカードローンの支払いが2~3か月遅れてしまうと金融ブラックになってしまいます。

また短期間に何度も支払いが延滞してしまうと金融ブラックになってしまう可能性もあるとのことです。私は確実にこれが原因ですね。

携帯電話の料金滞納

スマートフォンの普及によって携帯がどんどん高額になっていき、多くの人が分割払いで支払っているのではないでしょうか。最近はこの携帯電話の料金を滞納してしまうことにより、若い方がブラックになるケースを多いそうです。

複数のクレジットカードやキャッシングに短期間で申し込む

支払いが遅れてないにも関わらずこれをやってしまって金融ブラックになってしまうそうです。なかなか短期間で複数申し込む機会も無いかもしれませんが、知らずにやった行為が後々の生活に影響しまうのは怖いですよね。

もし申し込みを検討している方がいたら一社ずつ申し込みした方が良いと思います。

債務整理

自己破産や任意整理などの借金を法的な手続きで減額した場合も金融ブラックとなります。ちなみにCMなどでよく目にする過払い金の請求については金融ブラックにはなりません。

金融ブラックになるとどうなるか?

新たなクレジットカードもキャッシングも利用できない

金融ブラックになってしまうと新しくクレジットカードを作ろうと思っても審査が通りません。冷静に考えれば延滞を繰り返している人にクレジットカードを利用してもらいたいなんて思う会社はあるはずがないですよね。

キャッシングなどの借り入れもできないため、ちょっと現金が必要になった時に困ります。

ローンが組めない

住宅や自動車などはもちろん教育のローンも組むことができなくなってしまいます。分割の支払いができないということは高額な商品を購入するのはかなり厳しくなっていまいます。

いかがでしたでしょうか?もちろんもっと細かい話もありますが、大まかな金融ブラックの概要はこのような感じだと思います。これを読んでどれだけ私がSmartツケ払いに助けられたかお分かりいただけたと思います。

Smartツケ払いの公式HP TOPページを見る