現金化したい方必見!評判の良いARTICTION(アーティクション)なら失敗しない理由

現金化したい方必見!評判の良いARTICTION(アーティクション)なら失敗しない理由

「え?こんなに使ってたっけ?」

クレジットカードの明細をみて、驚くような金額が請求されていた時、思わず目を疑いたくなりますよね?

誰がこんなに使ったんだよ…もしかして不正利用?とか考えても、蓋を開ければなんのその。結局自分が使い込んでるだけなのです(笑)

そんな時に限って、手持ちもなくて銀行も開いてないし、そもそも貯金が残ってるかどうかも怪しい状況。

しかしそれでも支払い期日は待ってくれないのです。

そこで本記事では、どうしても払わなければならない!今すぐ現金が必要だ!と言う人に向けて、有益な情報をまとめました。

それがツケ払いの専門サービスARTICTION(アーティクション)なのです!

ただ、こんな風に思ってませんか?

(もうその手の紹介はうんざりだよ…。他のサイトで山ほど見たから、既に知ってるよ…。)

確かにそう思われるのも一理あります。

単純に紹介しても面白くないという意見はごもっともなので、他サイトにはない、私なりの失敗談を踏まえてお伝えしていこうと思います!

アーティクションHP

金欠な時にありがちなこと

金欠な時にありがちなこと

”あるある”ネタってみなさん興味ありますよね?

ARTICTION(アーティクション)について説明する前に、私が経験した金欠あるあるを少し聞いてください。

「貧すれば鈍する」という格言がありますが、経済的に追い詰められている人ほど、生活のほとんどをお金で支配されてしまうため、賢い選択ができなくなるのです。

”あるある”を知ることは即ち、傾向や対処法を知ることに繋がると思いますので、共感できる方は、ぜひ後述する現金化方法を参考にしてみてください。

支払日が重なってる

私は毎月、あらゆる支払いに苦しめられていますが、引き落としや支払いは、月末に偏っているケースが多いからだと思うのです。

月末に金欠に陥ってしまえば電気、水道などのライフラインがまとめて停まる恐れがありますので、いつだって油断はできません。

ですので、常にお金には余裕を持っておきましょう、慎重によく考えて使いましょう…なんてありきたりなことは言いません。

それに苦労してるから、みなさんこのページを訪れているのでしょうから。

金欠になったのは、もうしょうがない。

大事なのは、次にどう行動していくかです。

具体的なアクションプランとしては、いざという時でも瞬時に現金を工面してくれる、お得意先を持っておくです。

そう、まさにARTICTION(アーティクション)のようなサービスです。

何をやっても楽しくない

お金に悩んでいるときは、それが頭の片隅から離れないため、何をやっても楽しくありません。

夢の中でもお金の心配をし始めたら、もう末期です。

また、どうにか現状を打開しようとするも、その活動資金も手元にないため、八方ふさがりです。

資本主義ではお金持ちは益々お金持ちになり、一度でも貧乏になると中々這い上がれない構造であることを、身を以て体験しますね。

ただこれはある意味自業自得なのかもしれません、今まで楽しいことを優先して、お金を使い込んできた結果、今に至るのです。

一発逆転を狙い始める

お金がないけど、コツコツ稼いだりするのは、自分に向いていない!

FXで一発逆転を狙ってやるんだ!

と、無謀な挑戦をする傾向があります。私もそうでした。

今まで負けに負けを重ね、何も行動を起こしてないからこそ、その状況に追い込まれているにも拘らず、自分だけは、まだなんとかなると思い込んでいるのです。

覚えておいてください。

人生の一発逆転は、今までの努力や積み重ねがあって初めて成立するのです。

例えばハリーポッターシリーズの作者、J・K・ローリング氏は、幼少期から物語を書き始めていますが、作品がヒットした頃、彼女は30歳で生活保護を受給していました。

シリーズがヒットして生活が一変、まさに人生が一発逆転の状況になるわけですが、今までずっと物語を書き続ける、といった揺らぎない積み重ねがあります。

ですので私みたいな文無し底辺が、一発逆転を狙ったところでまず成功するはずがありません。

ただ私がそのことを弁えていることを考えると、以前より多少は成長したのかも知れませんね。

どこからも借りれない

最後はどこからも借りれず、完全に八方ふさがりになることです。

もう詰みです、また来世で頑張りましょう…。

なんてことは言いませんが、本当に土俵際であることを自覚しなければなりません。

明日から頑張る、努力する、積み上げる、と心に誓っても、信用ブラックでどこからも借り入れできないとなれば、具体的な行動すら起こせません。

ですが安心してください。

そんな私にも最後のチャンスをくれるサービスがあるのです。

そうです、さっきからちょいちょい名前を出しているARTICTION(アーティクション)です。

ここなら信用ブラックでも問題なく現金化することができ、急場を凌ぐことができます。

ところで、なぜ信用ブラックの状態でも借入できるのか、気になりますよね。

その理由を次節にて解説したいと思います。

アーティクションHP

ツケ払いサービスで現金化!詐欺でも違法でも無いARTICTION(アーティクション)とは?

ツケ払いサービスで現金化!詐欺でも違法でも無いARTICTION(アーティクション)とは?

すでにどこからも借りれない…。

そんな時でもあなたに手を差し伸べてくれる存在、誰だかわかりますでしょうか。

それは他でもない、未来のあなたなのです。

でもそんなこと可能なの?って思うことでしょう。

それを可能にするのが、ツケ払い専門サービスARTICTION(アーティクション)なのです。

事業内容について

ARTICTION(アーティクション)は現代アートの販売業者です。

普通の販売業者と異なるのは、ツケ払いで販売してくれるということですね。

ツケ払いについては、前ページのSmartツケ払いで説明した通り、商品をツケで支払うことです。

でも誰だって、お金がないのに興味のない商品なんて欲しくないですよね。

興味のない絵を見せられて、この絵は5万円です買ってください、支払いはツケでいいですよ!なんて言われたとしましょう。

ただでさえ金欠なのに買うわけないだろ、としか思えませんよね。

しかし買ってくれたら、今すぐ3万円払いますよ!なんて言われたらどうでしょうか。

それを可能にするのがDS(ディストリビューター)制度なのです。

DS(ディストリビューター)制度とは?

簡単に言えば、宣伝に協力することで現金報酬を受け取れる制度です。

宣伝に協力といっても難しいことはありません。

一行程度の感想文を投稿すれば終わる話です。

重要なのはレビューの内容ではなく、レビューを書いたという事実です。

この事実があるからこそ、報酬として現金を渡すことができるのです。

以前は似たようなサービスに「給与ファクタリング」がありました。

来月の給料の一部を現金化する代わりに、手数料を取られるというものですが、これは法律的にグレーな部分があり、いつ摘発されてもおかしくない状況になりつつあります。

健全に現金化したい方は、ARTICTION(アーティクション)のような、ツケ払いサービスを利用する方が精神衛生上良さそうです。

販売商品と料金について

一応、販売している商品を紹介しておきます。

みなさんあまり興味ないと思いますが、普段全く関わらない現代アートの世界に触れてみると、何か新しい発見があるかも知れませんよ。

ちなみに私は、商品Bを購入してスマホの待ち受けにしました(笑)

早くこの状況から脱出するぞ、という臥薪嘗胆の思いで毎日を過ごしています。

商品A:ヒューマンフラワー

画像の文言

商品B:フォーチュンルースター

画像の文言

どちらの商品も販売料金は5万円で、宣伝報酬は3万円です。

追い込まれている状況での3万円は本当に貴重ですよね。

大事に大事に、まるで未来の自分からもらったお年玉かのように使うことになるでしょう。

株式会社anomalyとは?ARTICTION(アーティクション)の運営会社について

そんなところで現金化して大丈夫なの?と思うかも知れませんが、ARTICTION(アーティクション)の運営元について特段問題はありません。

会社情報も公開しており、逃げも隠れもしない、といった状況が出来上がっております。

運営会社:株式会社anomaly

代表者:鬼頭 乃亜

所在地:北海道札幌市豊平区平岸1条3-2-39エクセレント平岸407

申請先:公式ページより

電話番号:011-212-1692

営業時間:10:00〜20:00

定休日:年末年始

電話番号:011-212-1692

また後述しておりますが、この手のサービスを利用するときは、会社情報の公開有無はとても重要です。

いざという時に連絡が取れるか取れないか、必ず確認するよう心がけてください。

再契約は可能なのか。

再契約は可能です。

きちんと支払いを済ませている方のみですが、支払いが終わっていれば再契約をしてまた利用する事が出来ます。

勿論、再契約の際には審査も少し簡易的になりますので、時間も更に早くなり現金化が可能です。

アーティクションHP

私のキャッシング失敗談!よくある失敗理由5選!

私のキャッシング失敗談!よくある失敗理由5選!

人のふり見て我がふり直せ、という格言がありますよね。

悪いところは反面教師として、自分も同じ失敗をしないように戒めることです。

全く自慢できることではないですが、私はキャッシングの経験が豊富だと自負しています。

そして数多くの失敗を重ね、キャッシングとはどういったことに気をつければ良いのか、見えてくるようになりました。

その内容をみなさんにだけ特別に周知しようと思います。

時間が遅い・振り込まれない

キャッシングは時間との戦いです。

どんなに働こうが、ボケーっと過ごそうが、支払い期日は刻一刻と迫っています。

私の場合、職業時柄PCとスマホは必須なのですが、支払い期日に間に合わなくて電気が停められたことがあります。

そうなると、もうどうすることもできません。

仕事をして稼ごうにもPCが使えなければ話になりませんし、外で仕事をしようにも現金がないので出れません。

誰かに連絡しようにもスマホの充電もできないので、完全に詰みです。

それ以降、同じ失敗はするまいと、キャッシングは必ず即日で、なるべく振込が早い業者を選ぶようになりました。

知人・家族にバレる

お金は信頼と密接な関係にあります。

お金にしっかりしている=信頼できる人、お金にだらしない=信頼できない人、といったイメージがないでしょうか。

また一度失った信頼は、取り戻すことは簡単ではありません。

例えば消費者金融から借金していることがバレたら、そのレッテルは消せないでしょう。

私も安易な考えで業者を選び、会社の電話にかけられたことがあります。

(あの人は、消費者金融から借金をしているんだ…)

そう思われたくない方は、絶対に秘密厳守の業者を選んでください。

>ARTICTION(アーティクション)のように、会社への在籍確認がない事業所であれば、なお理想的ですね。

営業時間を確認しない

キャッシングするときは、必ず現金を振り込んでくれる業者の存在があります。

この業者の利用時間を抑えておかないことは、時に致命傷になり。

借りるときも、返済するときも、あと一歩間に合わなかったという経験がありました。

仕事終わりに、急な合コンに誘われまたはいいものの、手持ちがない。

そうだ、キャッシングしようと思っても、仕事終わりに空いている業者は少ないです。

結局その合コンにもいけませんでした。

また返済しようにも、土日は営業しておらず、結局遅延扱いになったこともあります。

あと1時間開いていれば、土日も営業していれば、と悔しい思いをした私だからこそ断言できます。

営業時間は必ず確認しておくべきです。

会社情報が怪しい雰囲気…悪評は?口コミや5chもチェック

キャッシング業者のホームページは、必ずチェックしてください!

特にチェックすべき項目は、次の3つです。

・運営年数

・電話番号

・所在地

一番信頼できるポイントは、創業から長い間、運営を継続している業者です。

設立してから現在まで、長ければ長いほど健全な営業を続けてきた証になりますので、トラブル等に巻き込まれる可能性も極めて低いです。

逆に言えば、創業から間もない業者は実績がないので、安全かどうか確かめるすべはありません。

とはいっても、口コミに悪評が少なかったり、所在地や電話番号が掲載してあれば、多少信頼することはできると思います。

なので口コミや、今主流となっている5ch等のチェックは必須です。

何かあった時に連絡することができ、打つ手なしの状況に陥りにくいですからね。

無料相談できない

無料相談できないのは、大きなマイナスポイントです。

余程キャッシングに慣れてる人でなければ、手間や時間がかかり、結局他で相談した方が早かったというのもよくある話です。

上でお伝えした通り、キャッシングは時間との戦いになるので、余計な手間はかけたくないですよね。

基本的に電話番号が公開してある業者は相談できると思いますので、業者選びの1材料としてお含みおきください。

アーティクションHP

経験と知識があれば現金化には失敗しない

経験と知識があれば現金化には失敗しない

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

私の失敗談を踏まえて、現金化においていくつか留意すべき点をお伝えしましたが、一番いいのはそこまで追い込まれないことですよね。

確かにARTICTION(アーティクション)は、誰でも簡単に現金化することができる素晴らしいサービスです。

しかしそれに甘えてもいけないなと思っています。現状を打破するには、どこかで本気を出して努力しないといけないですからね。

ですので私の見解としては、ARTICTION(アーティクション)のような現金化は、あくまで最後の砦、逆転のためのラストチャンスと思って利用することです。

この現金化で、今後の人生を好転させる自身がある方にとっては、心強い味方になると思いますよ!

アーティクションHP
TOPページを見る